ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


中国株

投資は若い頃からしているほうが複利の効果を最大限に活かす事が出来ます。では、例えば株式に投資するとして、どういった株に投資すればいいのでしょうか?

それは
自分自身が長期的に安定して成長していくだろうと思える企業に投資すればいいと思います。

さて、あなたならどこに投資しますか?と聞かれたならば
、私は中国の企業に投資すると答えます。

株式投資で一番分かりやすいのは日本の企業に投資することだと思います。しかし、少子高齢化の日本において、今後伸びていく企業を選ぶのは難しいと思います。ならば、
長期的に成長していく可能性が大きい国だといわれている中国の企業に投資しているほうが効率がいいと思えます。

すでに経済発展を遂げた先進国よりもこれから経済が成長していく発展途上国の方が成長力が強く、
新興国と呼ばれる国の中でも中国がより高い成長を遂げる可能性が高いと思えます。

ただし、
株式投資に確実というものはなく、あくまで私自身が投資をするのならば中国の企業の方が成長する可能性が高いということです。

では、中国の企業に投資するとすれば、どうすればいいのでしょうか?

中国株を取り扱っている証券会社に口座を開設するか、もしくは中国の企業に投資している投資信託を買えばいいです。

中国の企業の株や投資信託を購入できる証券会社では、
「内藤証券」だと外国株である中国株でも、確定申告しなくても税金を自動的に処理してくれる特定口座に対応しているので便利です。



          中国株に投資するなら、まずは口座開設してみましょう

      




               次回は・・・・・「投資信託の購入」へ




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.