ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


投資信託の購入

株を購入しようと思うと、それなりに資金が必要となります。最低でも10万円ぐらいはないと株を購入する事が出来ません。まとまった資金はないけれども資産運用として株式を購入したいと思われる方は投資信託を検討してみてはいかがでしょうか?

投資信託だと少ない金額からでも投資することが出来ます。大抵の金融機関であれば1万円から投資信託を購入する事が出来ますし、楽天証券の場合では1000円からでも購入する事も出来ますので、
少ない金額でも投資信託を購入する事が出来ます。

資金が少ないと沢山の銘柄を購入する事が出来ないので、リスクを分散する事が出来ません。
投資信託だとみんなのお金を集めて色々な銘柄を買い付けるので、少ない資金でも分散して運用する事が出来ます。

また、少ない資金でも毎月同じ金額をコツコツと投資信託を購入する事によって値動きに変動のある株式の変動幅を少なくしてリスクを抑える効果があります。たとえ金額が少なくても、毎月1000円でもコツコツと投資信託を購入して、それを長期間続けるのです。
これをドルコスト平均法といいます。

株は株価が下がった安い時に購入して、上がっている高い時に売却すればいいのですが、これが非常に難しいです。
株価が下がるということは、不景気や業績悪化などで皆が株を買っていない時です。こんな時はまだ下がるのではないだろうかと思ってなかなか買えません。また、株価が上がっている時は好景気や業績好調で皆が株を買っている時期なので、まだまだ上がるだろうと思って株を売ることなど出来ません。

大抵の人は、株価が下がったら怖くなって売ってしまうし、株価が上がったら乗り遅れないようにと買ってしまいます
。本当は、安い時に買って高いときに売らないといけないのに、実際には安い時には売ってしまって高い時には買ってしまうのです。

誰にでも儲けようと思う欲があるからこそ、分かっていてもこういった行動になってしまいます。タイミングを計って株を売買することは非常に難しいことなのです。そこで、
毎月同じ金額をコツコツと積み立てることで、こういったリスクを排除するのです。

株価が下がっても株価が上がっても毎月同じ金額だけ買っていけば、株価が安い時に買いそびれることもなく長期間続ける事でリスクを均等に分ける事が出来ます。
欲を排除して機械的に決まった金額を定期的に購入する事で安定した運用を目指すことが出来ます。

「投資などはした事がないけれども、資産のうち一部は投資にまわしてみたい。でも、投資にまわす資金がほとんどない」という方は、
楽天証券で毎月1000円づつ投資信託を購入してみるのを検討してはいけがでしょうか。


                              ↓


                  次回は・・・・・「保険の検討」へ 




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.