ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


投資信託

投資信託とは、沢山の人から資金を集め、それをまとめて運用し、得た成果を皆で分配するものです。個人で株を購入する場合は、ひとつの企業の株を買うのに10万円以上必要となります。高いものだと100万円ほど必要な場合もあります。これだと株に投資したくても買えなかったり、買えたとしても1つの企業しか買えなかったりします。

投資のリスクを抑えるには、複数のものに投資をしてリスクを分散する必要があります。よく言われる格言が
「全部の卵をひとつの籠に入れてはいけない」というものです。ひとつの籠にすべての卵を入れていて、落としてしまった場合、すべての卵が割れてしまいます。もしも複数の籠に分けて入れておけば、一つの籠を落としてしまっても、他の籠に入っている卵は無事です。

なので、
株式投資なども複数の企業に分散して投資をし、もしも企業が倒産等してもダメージを分散できるようにする必要があります。そのために、複数の企業の株を分散して購入すればいいのですが、これだと沢山の投資資金が必要となります。

そこで、投資信託が非常に役立つのです。
投資信託は、少ない資金で購入でき(商品によりますが、大抵1万円ぐらいから)、みんなのお金を集めて運用するので、色々な企業に分散して投資してくれます。

投資信託には2つの種類、
「公社債投資信託」「株式投資信託」があります。

「公社債投資信託」は、国債や地方債・金融債・社債などの比較的安定性のいい商品に投資して運用する投資信託で、株式を組み込むことがないです。株式を組み込んでいないので、大きく上昇する事が少ない反面、大幅な下落も少ないので、安定感がある投資信託と言えます。ただし、外国の債券を組み入れている投資信託などは、為替レートの変動の影響を受けるので、注意が必要です。

「株式投資信託」は、株式に投資をする投資信託のことで、どのくらい株式を組み込んでいるかは、投資信託ごとに違っています。基本的には株式が大部分を占める投資信託が多いのですが、株式と債券(国債など)にバランスよく分配している投資信託もあります。

           ・・・投資信託のまとめ・・・

「公社債投資信託」
株式に投資していない(債券中心)の投資信託
「株式投資信託」
一部であっても、株式に投資をしている(どのくらいの比率で株式に投資しているかは、投資信託によって違う)投資信託


                         


                次回は・・・・・「株式投資」へ




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.