ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


賃貸かマイホームか

家庭を持つようになり、家族と生活するようになると、家を借りたり、買ったりする事になります。生活する家は賃貸がいいのか?マイホームがいいのか?これは難しい問題で、どちらが正解とは言いづらい部分があります。どちらも一長一短だからです。

基本的に住宅ローンを組む上限は年収の30%といわれています。月々の手取りが20万だったとすれば、ローンは月々6万円ぐらいまでになります。

35年ローン金利3%(固定金利)と仮定して月々6万円の支払いだと1500万円ぐらいの物件が妥当な水準になります。
この金額だと新築は無理になりますので、中古物件で探す事になります。

もしも、1500万円の中古物件で最低限今後30年ぐらいは生活ができて、間取りや立地条件・環境・方角等が
満足できるものであれば購入を考えてみてもいいと思います。

なぜなら、マイホームを持つということは、同時に将来への保険を掛けた事にもなるからです。もしも、
住宅ローンを払っている途中に死亡した場合は、家族がその物件を無償で引き継ぐ事ができます。

住宅ローンを組む時には団体信用保険を支払う
のですが、これは住宅ローンを払っている人が亡くなった場合、代わりに保険がその後の支払いをするというものなので、遺族は住宅ローンの負担なく、その物件に住む事ができます。

もしも、納得できる物件がない場合は、
無理してマイホームを持つ必要もなく、賃貸で充分だと思います。ただ、賃貸も結構なお金がかかる場合があるので、賃貸で6万円以上払っている場合は、質の良い中古物件を探してみてもいいかもしれません。

賃貸
(メリット)
隣人トラブルがあれば、すぐに引越しが出来る。家族構成の変化に合わせて選び直せる

賃貸(デメリット)
一生払い続けないといけない。

マイホーム(メリット)
資産として将来に残す事が出来る。ローンが終われば支払いがない


マイホーム(デメリット)
隣人トラブルがあっても引越しができない。家族構成が変わっても、間取りを変えにくい



                         


             次回は・・・・・「パチンコするならFX」へ




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.