ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


資産を増やすなら

基本的に老後の資産運用は、増やすよりも守るものだと思います。しかし、守るだけでは今後が不安なので増やしていかないといけないと思われる方もおられると思います。

もしも資産を増やしたいなら、どういった投資をすればいいのでしょうか?


もちろん、投資は資産が増える反面、資産が減ってしまうというリスクがあります。確実に増やす事が出来る投資先などはありません。
あくまでも資産を増やせる可能性が高いと思われる投資先ということになります。

ある程度長期に資金を置いておくということを考えると、これからは新興国に投資するほうがいいと思います。

新興国とは例えば中国やインド・ブラジル・ロシア・ベトナムなどの発展途上国です。日本やアメリカのように、すでに経済発展を果たしている国ではなく、発展途上国はこれから経済が伸びてくる国々ですので、今から日本やアメリカを目指して成長していきます。
成長するところに投資するほうが、投資に成功する可能性が高いです。

新興国の中でも、代表格である中国に投資をしていくことで、資産を増やしていく可能性があると思います。
中国は他の新興国に比べて日本からの投資がしやすいです。日本の証券会社でも中国株を購入できる証券会社が何社かありますし、中国株関連の投資信託も数多くあります。

中国株に投資できる証券会社の中でも、
内藤証券だと、中国株に投資することも出来ますし、中国関連の投資信託もあります。そして、株式の収益に対して自動的に税務処理をして源泉徴収をしてくれる特定口座を外国株である中国株にも対応している貴重な証券会社です。

中国株に投資をしようと考えている方は、こちらの証券会社に口座を開いてみてはいかがでしょうか。



      



                   次は・・・・・「グローバルソブリン」




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.