ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


パチンコするならFX

「投資とギャンブル」の欄で述べたように、ギャンブルは負ける要素が強く、続ければ続けるほど負ける仕組みになっています。

パチンコや競馬などのギャンブルをする人は、毎月平均1〜3万円ぐらい使うそうです。
毎月、これぐらいの金額が消えていくことになるのです。もったいないと思いませんか?

でも、「楽しいからいいやん。」と思うのならば、
ギャンブルの代わりにFX(外貨証拠金取引)をしてみてはいかがでしょうか?

FXは、外貨を取引しながら、資産を増やしていくものです。「外貨取引なんて難しいものは分からないし、そもそもハイリスクだと言っていたじゃないの?」と思われるかもしれませんが、
どうせパチンコで全部負けるならば、FXで全部使うのも同じじゃないでしょうか。

資産を安定的に増やしていくという意味においてFXはハイリスクです。しかしハイリターンを狙うこともできます。もともとパチンコで負けるお金があるぐらいなら、その資金はなくなっても問題ない資金だといえます。ならば、そのお金をハイリスクだけどハイリターンを期待できるFXに使ったほうが効率がいいのです。お金がなくなってもパチンコに負けたと思えば大丈夫ではないでしょうか。

FXをすることによって、経済や世界の動きを気にするようになり、少しづつ政治や経済を学ぶようになります。しかも、上手くいけばお金が増えていくかもしれない。仮にお金がなくなっても、もともとはパチンコで使っていたお金なので、ギャンブルに負けたと思えばいいです。
毎月1〜3万ぐらいギャンブルに使っているのなら、その資金でFXを試してみてはいかがでしょうか。

ただし、FXはハイリターンを狙える代わりにハイリスクです。無くなってもいいと思える資金で遊んでいるうちはいいのですが、
勝っているからといって資金をドンドン注ぎ込んでいくのは危険です。

ここでお勧めしている「パチンコよりFX」という意味は、
最初からギャンブルでなくなってもいいような資金があるのであれば、パチンコや競馬のように、わざわざ店舗にいって、ずっと張り付いていないといけないものと違って、自宅のパソコンで24時間いつでも(平日のみ)取引できるFXの方が時間も有効に使えて、お金も増える可能性もあり、勉強にもなるので、ギャンブルで遊ぶのであれば、そのお金をFXで遊んでみてくださいという事です。

資金量が少ない傾向にある介護職にとっては、小額で投資できるFXは参加しやすい投資だといえると思います。


               まずは、口座開設してみましょう

     




                 次回は・・・・・「借金問題」へ




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.