ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


国債がメイン

老後の資産を運用する際に、メインに据えるものになるのが国債(日本)になると思います。

資産を運用するからには、
利回りが高いほうがいいです。しかし、元本が割れてしまうのも困ります。

そこで一番バランスがいいのが国債になるのです。
国債の内容は、国債に関するコンテンツである程度ご説明しているので、お分かりかと思います。途中解約する場合には元本割れの可能性がありますが、満期まで保有しておけば、元本は戻ってきます。日本政府の財政が破綻してデフォルトすると元本が戻ってこない可能性もありますが、日本政府の財政が破綻した場合は、諦めもつくと思います(笑)。

資産の大半は国債を購入していけばいいと思います。

購入する場合は、満期期間や時期を考えながら購入していくほうがいいです。
購入する満期期間や時期を考えるというのは、一度に資金を投下せずに、分散しながら購入していくということです。例えば100万円持っていて、2年物(2年で満期が来る)の国債を購入したとします。一度に100万円分買うと、2年おきにしかお金を受け取れませんが、10万円ごとに2カ月おきに購入すると満期の日付が2ヶ月ごとにずれていくので、利便性が高まります。

また、
購入金額を小分けにする事で、途中解約した場合のリスクが減ります。50万円だけお金が必要になった場合でも、100万円分一気に購入した場合は、100万円分すべてを解約しないといけませんが、10万円づつ小分けに購入した場合は、50万円分だけ解約すれば大丈夫です。お金が必要になったときも必要最低限の量を確保できます。


老後資金を安定的に運用していくには国債が一番バランスが良いといえます。


                         


              次回は・・・・・「小額のみのFX」へ




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.