ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


金融資産の分け方

金融資産のポートフォリオは、3つの種類に分けて、それぞれのリスク要因度(どれだけリスクを取る事が出来るのか)によって、資産を振り分けていく事になります。

(1)流動性資金
すぐに現金化できるような資産で、換金手数料などがかからないような商品。普通貯金などになります。
(2)安全性資金
安全で確実性がある資金。定期貯金・定額貯金・ビックなどの元本割れの危険性がないものになります。
(3)積極性資金
元本割れの危険性があるがリターン(利益)も期待できる資金。株式投資や債券などになります。

これらの資金を
それぞれの収入・家庭環境・自身の性格によって、バランスよく振り分ける事が大切です。個々の金融商品については、後ほど、詳しく説明するとして、ここでは、おおかまな説明をいたします。

「流動性資金は、日々の生活費の支払いや、何かあった時に必要なものになりますので、ある程度の資金量を確保しておかないといけません。ここが少なすぎると、他の商品を取り崩して支払いをしないといけない事になる場合があります。そうなると他の商品の解約時に手数料がかかったり、元本割れした状態で解約しないといけない状態になる可能性があるので、「流動性資金」は、ある程度の余裕を持って保有しおきましょう。

「安全性資金」は、元本が割れることがない商品で運用する事で、通常貯金よりも高い金利を得る事が出来ます。ただし、商品によっては、期日前に解約すると解約手数料がかかったりする商品もありますので、出来るだけ満期まで保有しておくようにするほうがよいと思います。

「積極性資金」は、元本割れの危険性がありますが、貯金以上に大きく増やす事の出来る商品を中心に運用する資産です。株式投資や債券(国債・社債)、外貨建て商品、FX(外貨証拠金取引)などですが、大きく資産を増やす事が出来る反面、大きく資産を減らす可能性もある資産です。なので、この資産の部分をあまり大きくすると総資産の増減が激しくなりますので、出来るだけ、組み入れ比率は抑え目にしておいた方が無難です。

では、これらの資金をどのような割合で分散していけばいいのでしょうか?


              次回は・・・・・「年代別資産割合」へ



Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.