ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


自動車保有の必要性

日本の自動車世帯普及率はかなり高く、ほとんどの世帯が車を所有しています。しかし、車を保有すると様々な維持費がかかってきます。

車庫代やガソリン代、車税、車検などなど毎年何かしらの費用がかかってきます。車を購入するという事は、
実際に支払う車の購入代金だけでなく、それ以降の様々な諸費用も考えながら購入を検討する必要があります。

200万円の車を10年間乗り続けたとしてその費用を考えてみましょう。


諸経費として、車庫代が1万5千円(毎月)、車税3万9千5百円(年間)、ガソリン代4000円(毎月)、車検10万円(2年に1回)が必要となります。
車の購入代金や諸費用を10年間トータルで考えると、約520万円も必要となります。

これにはタイヤの交換代やエンジンオイルの費用などの設備費用は含まれていませんので、実際には更に高い金額になるでしょう。10年間で520万円ということは1年間で52万円、
1ヶ月では4万3千円も支払っている事になります。

自動車を保有するという事はこれだけもの多額の費用を毎月負担しているのです。
こうやって考えると、
車って本当に必要なのでしょうか?
普段、車を使うのはどんな時でしょうか?

例えば買い物に行ったり、たまに旅行に行ったりする時に使うものだと思います。通勤で使っている方以外ははそんなに使用頻度は高くないのではないでしょうか。それならば、
買い物の時はタクシーを使用して、旅行の時はレンタカーを使用すれば意外と安く済みます。

買い物の為に郊外のショッピングモールへタクシーを使っていくとして高くても片道3000円あれば充分たどり着くと思います。往復でも6000円です。
週一回行ったとしても月に2万4千円ほどです。

毎月1回ぐらい旅行や当出をしたとしてレンタカーを借りた場合、セダンクラスの車で1日1万円ほどです。軽自動車を借りた場合だったら5000円ぐらいで借りる事ができます。

こうやって考えてみると、
車を保有するよりもタクシーやレンタカーを使ったほうが安くつく場合があります。

もしもお住まいの地域にカーシェアリングをやっている企業があれば、カーシェアリングを使用すると更に費用を安く抑えることが出来ます。
カーシェアリングとは、一人で車を所有するのではなく大勢で所有し、それぞれ使用していない時間を他人が使うというような感じで車をシェアしあうという方法です。分かりやすく考えると格安のレンタカーの会員制みたいなものだと思ってもらえればいいと思います。

色々と方法を検討すれば、
車を所有しなくても便利で安く済ませる方法が意外とあるものです。


                              ↓


               次回は・・・・・「賃貸か?マイホームか?」へ 




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.