ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


自動車保険の見直し

日本では自動車を保有している方が比較的多く、このサイトをご覧になっている方も自動車を保有している方が数多くいらっしゃると思います。

自動車を保有しているのならば、必ず自動車保険に加入していると思います。毎年保険料がかかるこの
自動車保険も自分にあったものを選ばないと、割高な保険料を支払う事になります。

最近は、ネット通販型自動車保険(アクサダイレクト・ソニー損保等)が増えてきましたので、ネット通販型自動車保険で契約している方も多くなってきましたが、
依然として従来のオールパック型の自動車保険で契約している方も多いと思います。

従来のオールパック型の場合、あらゆる事態にたいして保障されているので、安心感は非常にあります。しかし、給料の少ない我々介護職にとっては、少しでも費用は安く済ませたいものです。ならば、あれもこれもと保障をつけるよりは、
最低限必要な部分だけを選んで要らない部分は外して加入したほうがいいです。

省く事を検討する代表的なものに、車両保険があります。
これは、事故等を起したときに自分の車の修理代を支払ってくれる保障なのですが、なくてもよいと思います。もちろん、事故や災害の備えとして車両保険に加入する事は大切ですし、必要な事だと思いますが、優先順位的には後回しでいいと思います。

相手や搭乗者などに支払う対人賠償保険や搭乗者傷害保険や物損保障(相手の車や壊した公共物など)の対物賠償保険などは、もしも事故等が起こった場合、時には非常に高額の支払いを要する事があるので外すことの出来ない保障ですが、車両保険だと自分の車の保障なので、もしも事故で自分の車が壊れた場合は潔く車を諦める事も検討すればいいと思います。

それに車両保険の保険料は結構高額なので、これを外すだけでかなりの保険料軽減につなげることが出来ます。なので、
予算が限られている場合は、車両保険を外す検討をしてみてもいいかと思います。

ただし、予算が少ないからといって対人賠償保険や対物賠償保険音賠償限度を引き下げる事は避けてください。
これらは無制限(保障上限なく支払われる)で加入する事をお勧めします。

保険会社が保障してくれる対人や対物の補償額を少なめに設定すると保険料が少し安くなります。しかし、
対人や対物の賠償は時には1億円を超えるような請求が来ることがあります。

特に電車などと衝突した場合は、その損害賠償が多額のものとなる可能性が高いので、補償額を少なく設定していると払いきれないぐらいの賠償を背負う事になります。なので、
対人や対物の保障は保険料を減らす事よりも万が一の事を考えて、ケチらずに無制限で加入しておくほうが無難です。

さて、肝心な保険会社の選択ですが、これはネット通販型の保険にご加入したほうが保険料を安くする事が出来ます。従来の代理店販売が主流の保険会社とは違い、店舗がない分、人件費や運営費が安くつくのでその分保険料を引き下げる事が出来ます。なので、ネットを使える環境であれば
ネット通販型の自動車保険を検討することをお勧めします。


                              ↓


                 次回は・・・・・「自動車保有の必要性」へ 




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.