ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


保険の中身

老後になるほどますます必要となってくる保険ですが、老後に向けてどのような保険に加入しているのでしょうか?

老後が近づいてくると慌てて入院保障などの準備をはじめる方が多くおられます。
老後の為の入院保障は早いうちから準備したほうが月々の負担が軽く済みますので、出来るだけ早くから準備する事をお勧めいたします。老後のための保障を準備するのが遅れたので、会社を退職する60歳頃から準備をするという方は、加入する保険の内容をしっかりと確認してから加入しましょう。

入院保障も色々なタイプの保障があり、
どんな入院の時に支払われるのかを、きちんと確認しておく必要があります。

病気や怪我も両方支払われるのか?
入院した場合、何日目から支払われるのか?
何日入院しないと支払われないのか?


これらをきちんと確認しておかないと、いざ入院して支払い請求をしてみたところ、
「支払いの対象外です」といわれるケースがあります。

まずはどんな時に保険金が支払われるのかを確認してみましょう。「入院1日あたり1万円支払われます。」ということだけに気を取られて加入したものの、怪我しか保障されない保険だったため、病気入院の時に支払いされないケースがあります。
保険金の支払い対象が病気だけなのか・怪我だけなのか・病気も怪我も両方とも支払われるのかを確認しておく必要があります。

また、
入院して何日目から保険金の支払いがあるのかをしっかりと確認する必要があります。入院1日目から支払われる保険だったら安心なのですが、たまに入院7日目からでないと支払いがない保険もあります。この場合、2〜3日の入院では保険金の支払いがありません。

保険料が安いからといって加入してみたら、実際に入院したときに短期入院では支払いがないものだったというケースがあります。

保険に加入する場合に、月々支払う保険料に気を取られがちで、出来るだけ安い保険料にしようと考えますが、
しっかりと必要な保障がついているのかも確認した上でご加入してください。

保険料が安いと思って加入したものの、思っていた保障とは違っていたといったようなケースにならないように、
保険の中身をしっかりと検討したうえで加入しましょう。


                 


          次は・・・・・「最後に(老後篇)」




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.