ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


保険の検討

介護職の給料は少なく、特に家庭を持つと日々の生活が苦しいのが現状だと思います。そんな中、生活費・子供の教育費・貯金などをやりくしていていくのはなかなか大変なものです。

そうなってくると、どうしても保険をかけないでいる世帯がみられます。確かに保険を掛けていく余裕がないのは分かる気がするのですが、
最低限の保険は必要不可欠です。

そもそも保険とは何なのでしょうか?

極論を言えば、保険とはお金が無い人の支えです。お金があれば保険なんていりません。お金がないからそこ、保険をかけないといけないのです。例えば、1億円の資金がある人は保険は保険なんて掛ける必要がないです。万が一の時は、その資産から支払えば充分足りるからです。お金が無いからこそ、何かあった時の為に保険を準備しておかないといけないのです。

では、どういった保険を準備したらいいのでしょうか?

お金があれば、死亡保障や入院・満期金・老後の保障などを全て兼ね備えたものがいいのですが、
資金に限りのある我々介護職の場合は優先順位をつけて選んでいかないといけません。優先順位をつけるならば、どういった考えで優先順位をつけていけばいいのでしょうか?

では、その前に保険を掛ける場合の商品を選ぶ基準を考えていきましょう。

保険を掛ける場合は、掛け捨ての保険を選んでください。満期金や一時金(生存保険金など)がある保険はお金を受け取ることが出来るので魅力的に思えるかもしれません。しかし、保障も貯蓄もかねそろえるという事は効率が悪く、中途半端なのです。

保険は保険・貯蓄は貯蓄と分けて運用するほうがコストも効率も良くなるのです。掛け捨てで保険を掛ける場合は、保険金を受け取るような入院等がなければ、月々の保険料が掛け捨てになるので損だと考える人も多いのですが、
掛け捨てだからこそコストを抑えることが出来て月々の保険料が安く設定出来るのです。

満期金などがある保険も必ず掛け捨て部分は存在します。保険金を受け取るような出来事がなければ、どちらの保険を選んでも結局は掛け捨てしないといけない部分は必ず出てくるのです。
同じ掛け捨てをするのであれば、効率よく保障がついている保険を選ぶべきです。

なので、
全額掛け捨てになっているような保険を選び、月々に支払う保険料を低く抑えながらも必要な保障をつけることが出来るように考えていく必要があるのです。



                              ↓


                  次回は・・・・・「保険の優先順位」へ 




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.