ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


グロソブのメリット

国内最大の投資信託であるグローバルソブリン(通称グロソブ)。化け物投信といわれるぐらいの大量の資金を一般市民から集め、運用資金は5兆円という他の投資信託を圧倒するほどの途方もない金額を運用しています。

なぜ、ここまで巨額の資金を集めるほどの投資信託となったのでしょうか?

グローバルソブリンを購入する人が購入した理由の一番に挙げるのが分配金が毎月もらえるという事です。グローバルソブリンは
分配金が毎月決算型になっているのです。

分配金とは、投資信託の収益から投資家(購入者)に対して直接還元されるお金のことです。
株の配当金のようなものです。分かりやすく考えると、運用して儲かったお金の一部を購入者で山分けするという感じです。

この分配金が投資家に還元される時期は投資信託によって異なります。1年に1回だったり、半年に1回だったり、毎月分配だったりと商品によって異なります
。グローバルソブリンは、毎月決算型なので、分配金を毎月支払う商品となっているのです。

金融機関の営業の人がよく「年金の代わりにグローバルソブリンはどうですか?」といっています。毎月コツコツと分配金が入ってくるので、
まるで年金のような感覚になるからです。

まとまった資金をグローバルソブリンで運用して、コツコツと毎月分配金を貰う事によって、
公的年金の補助的なものとして位置づけている人も多いと思います。こういうところに魅力を感じて購入している人が多いのがグローバルソブリンの一番の特徴です。

そして、グローバルソブリンはその名前の通り、海外の債券を購入して運用する投資信託となります。
海外の国債等で運用するため日本よりも高い金利で運用する事が出来るという魅力もあり、いくつもの国々の国債等に分散して投資してくれるのでリスクを分散できます。

また、グローバルソブリンは債券を中心に資産運用するので、株式を中心に運用する投資信託に比べると
値動きも緩やかなものになります。

大きく儲かるという派手さはないですが、地道にコツコツと増やしていくような感じが安定志向で投資初心者の多い日本人を引き付けているのでしょう。


                 


        次は・・・・・「グロソブのデメリット」




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.