ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


グロソブのデメリット

世の中には全てにおいて優れた商品などは存在しません。大人気のグローバルソブリン(通称グロソブ)も、いいところばかりではなく、やはりデメリットも存在します。

では
グローバルソブリンのデメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

まずは、投資信託を購入するのであれば当たり前のリスクなのですが、
グローバルソブリンも元本割れの危険性があります。グローバルソブリンは債券中心の運用なので値動きは株式中心の投資信託よりも緩やかですが、投資信託である以上、やはり元本割れの危険性はあります。

次に、グローバルソブリンは
海外の債券に投資するため、為替レートが購入した時点よりも円高になると損失が出てきます。グローバルソブリンの場合は海外の債券を保有しているので、日本円の価値が上がれば上がるほど為替レートの影響で損失が拡大していきます。

また、債券は金利と反比例の関係にあり、金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券価格は上昇する傾向にあります。なので、グローバルソブリンの場合は債券に投資しているので、
各国の金利が上昇していくと債券価格が下落し損失が出てきます。

つまり、
円高と金利の上昇は債券投資にとって不利な状態だと覚えておいてください。

次に、
手数料が高いというデメリットがあります。グローバルソブリンは申込手数料が購入金額の1.5%必要で、信託報酬(運用手数料)も毎年1.3%必要で、グローバルソブリンを確約するときには解約金額の0.5%の手数料が必要となります。

プロに運用してもらうので手数料を払って当たり前と思って割り切って投資する必要があります。

グローバルソブリンのメリットとして毎月決算型なので、毎月分配金が受け取れることを挙げましたが、
毎月決算型はデメリットにもなるのです。

毎月分配金を貰うということは、複利の効果をあげる事ができません。
毎月毎月コツコツと分配金を貰う事は受け取る側からすると楽しみの一つになるのですが、長期的に運用していくのならば分配金で受け取るよりも、その分配金をそのまま再度運用しておいた方が複利の効果が発揮されるので資産の上昇率が大きく変わってきます。

毎月決算型(毎月分配金を受け取れる)は、人それぞれの考え方によってメリットにもデメリットにもなりうるものなのです。



                 


           次は・・・・・「保険の中身」




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.