ロゴ
介護職と老後(高齢者)の資産運用
Thank you for your access.

矢印 HOME
  HOME(はじめに)
自己紹介
AFPとは
取材・お問い合わせ
相互リンクについて

矢印 資産運用
  資産運用について
ポートフォリオの構築
金融資産の分け方
年代別資産割合
年代別に分ける理由
流動性資金について
住信SBIネット銀行
安全性資金について
積極性資金について
インフレリスク

矢印 金融商品
  単利と複利
定期性貯金
国債(日本国債
日本国債の種類
国債の購入先
外貨建て債券
投資信託
株式投資
投資とギャンブル
FX(外貨取引)

矢印 介護職の運用
  若い頃からの運用
ネット銀行・証券
ネット収入
クレジットカード
中国株
投資信託の購入
保険の検討
保険の優先順位
保険の掛ける期間
収入保障保険
死亡保険の選択
死亡保険の税金
ガン保険について
自動車保険の見直し
自動車保有の必要性
賃貸かマイホームか
パチンコするならFX
借金問題
最後に(介護職篇)


矢印 老後(高齢者)の運用
  安全運用
お金を増やす危険性
優遇金利
抱き合わせ販売
元本保証の見極め

国債がメイン
小額のみのFX
老後資金の確保
資産を増やすなら
グローバルソブリン
グロソブのメリット
グロソブのデメリット
保険の中身
最後に(老後篇)


安全運用

老後の資産運用はどうしたらいいのでしょうか?

基本的には投資をしないで安全にお金を保有していくというのがベストです。

それで資産運用になるのか?と疑問に思うかもしれません。しかし、
資産を守ることも立派な資産運用です。

老後になってから、慌てて資産運用をして資産を増やそうと思っても難しいです。しかも、
収入が限られている以上、失敗したときに取り戻すのが不可能な状態になりかねません。

本来であれば、老後になるまでに今後の資金を集めておく必要があるのですが、すでに老後に突入してしまった場合は、
今ある状態をキープしながら、いかに出費を抑えるかを重点的に考えていく必要があると思います。

収益を増やすというよりは出費を減らすという事が大切です。

また、「クレジットカード」の欄で述べたように、公共料金をすべてクレジットカード決済にしてポイントを貯めていくなどのように
普段の行動をお金に換えるようなことをしていく必要があると思います。高齢者の中にはクレジットカードの手続きなんて面倒だからやらないという人が非常に多いですが、一度手続きをすればその後は自動的にポイントが貯まっていきます。

これらを活用しながら
コツコツと資産を守っていくことを心がけてください。

では実際に安全に運用していくという事はどういうことなのかを説明していこうと思います。



                         


               次回は・・・・・「増やす危険性」へ




Copyright(C) 2009 yosizou All Rights Reserved.